美白効果のある良い成分まとめ

ダイエットサプリのミーコが無料

美白効果のある良い成分まとめ

美白効果のある良い成分まとめ

Q.美白を目指して、美白化粧品などを使おうと思っていますが、実際に美白になる成分って、どういう働きをする成分の事を言うのでしょうか?

A.メラニン色素の育成を抑える成分

美白成分とは、黒ずんだ肌を脱色したりと肌を白くするブリーチの様な物では無くて、メラニン色素の育成を抑える成分の事を言います。メラニン色素には黒褐色のユウメラニン(eumelanin、真性メラニン)と、橙赤色のフェオメラニン(Pheomelanin、亜メラニン)の2種類があります。人間の皮膚は、人種によってその色合いが異なるが、これは皮膚中に存在するメラニン色素に負うところが大きい。さらにメラニン色素の影響でシミやそばかすが出来るので、これを防ぐための成分が美白成分です。栄養素で言えば、ビタミンCとビタミンEは取って損は無いので、ぜひおすすめです。

 

厚生労働省が認めている美白成分

【ビタミンC誘導体】

美肌の為の万能成分のビタミンC。高い抗酸化作用で活性酸素による肌老化を防止する効果、コラーゲン増加作用など、美白効果以外にも様々有効な作用がありますが、実は実は壊れ易く浸透力が弱い。そこで「リン酸Lアスコルビル」など、ビタミンCを改善しビタミンCの安定性を高め、肌に浸透し易い様に加工した「ビタミンC誘導体」という物が出来ました。

【アルブチン】
アルブチンは、美白効果が高いハイドロキノンを肌に吸収させやすくした美白成分。高山植物のコケモモなどに含まれメラニンが出来るのを防ぎます。

【トラネキサム酸】
トラネキサム酸は人工合成されたアミノ酸で医薬品としては抗炎症剤として知られている物質です。美白成分としては資生堂が開発。肝斑の治療に使用されるように医療用の内服薬としてシミなどの治療に用いられます。

【エラグ酸】
ブラックベリー、ラズベリー、イチゴ、クランベリー、クルミ、ペカン、ザクロ、クコやその他の植物性食品を含む数多くの野菜や果物で見つかっている天然フェノール系の抗酸化物質。強力な抗酸化作用で肌サビから守り、体内のサビ(酸化)を取り除き、メラニンの生成を防止します。また、エラグ酸はメラニン生成に関わる酵素(チロシナーゼ)内の胴イオンの活性化を遮断する作用もあり、この働きによってもしわの原因であるメラニンが生成されるのを防ぐ事が出来ます。

【ルシノール】
POLA化粧品が開発した美白成分。北欧のモミの木の成分をヒントにして生まれた化合物。医薬部外品として、ポーラが独自に開発した美白成分です。美白成分としてアルブチンなども知られていますが、1998年に当時の厚生省より認可を受けたポーラの薬用美白成分『ルシノール』(4-n-ブチルレゾルシノール)は、10年の歳月をかけて実用化され、メラニンロック機能を実現しました。ルシノールの働きは、チロシナーゼとぴったり合体してカギ穴をふさいでしまうため、チロシンとチロシナーゼの合体を防ぎ、メラニンを作らせないところにあります。

【プラセンタエキス】
プラセンタは英語で胎盤という意味です。アミノ酸やミネラルを豊富に含んだ動物の胎盤エキス。ターンオーバーを活性化させて、代謝を高め、メラニン排出を促してくれます。馬や豚の胎盤が原材料です。

【リノール酸】
9種類の中でチロシナーゼ酵素を分解してしまうのはリノール酸のリノレックSだけ。不飽和脂肪酸の一種で、必須脂肪酸で、食餌からの摂取が不可欠であるためである。n-6系の必須脂肪酸の欠乏により、髪のパサつきや抜け毛などのほか、創傷の治癒の遅れが見られる。肌の保湿や、ニキビなどに対する局所的な抗炎症作用など肌に良い性質を持ち美白にも効果があると認められています。

【カモミラET】
カモミラETは、カミツレ(キク科の植物、英語名はカモミール)の葉から抽出した美白成分です。メラノサイトにメラニンを作れと命じるエンドセリンの働きを阻害する働きがあり、シミやソバカスを防ぎ肌本来の白さを保ちます。ビタミンCなどの美白剤はメラニン生成に関与するチロシナーゼを阻害することに比べ、メラニン生成の根本原因であるエンドセリンに作用するため効果的です。メラニンの生成促すエンドセリンという物質を抑制し、シミを予防します。

【t-AMCHA】

強い紫外線をあびると「紫外線をあびた」ことを伝える物質が出されます。これがメラノサイト(メラニンを作る細胞)に到達してメラニン生成を指令します。「t-AMCHA」は情報を伝える物質である「プロスタグランジン」の生成を抑え、「メラニン生成」の指令を止めます。様々な刺激により肌の表皮では、タンパク質を分解する酵素「プラスミン」が活性化します。この「プラスミン」は表皮細胞同士のつながりに悪影響を与え、肌あれを引き起こします。「t-AMCHA」は「プラスミン」の生成を抑え、肌あれを防止します。

 

ダイエットサプリのミーコが無料

関連記事

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 健康な赤ちゃんを産むために良い成分「葉酸」とは?神経管閉鎖障害(先天性障害)のリスクを減らす為に1日0.4mg~1mgの摂取を厚生労働省が推奨している。
    健康な赤ちゃんを産むために良い成分「葉酸」とは? 葉酸は別名、ビタミンM、ビタミンB9、プテロ…
  2. 膝が黒くなる原因とは?膝が黒い状態を白くする方法をご紹介。気になってスカートが履けないという人は、この夏の為に今からシッカリとケアを行いましょう。
    膝が黒くてスカートが履けない… 膝が黒くてスカートが履けない…って悩んでいる女性は結構多いです…
  3. 頭皮の痒みやフケの原因は炎症、炎症が起きる原因と改善方法とは!?頭皮の痒みやフケを改善させる為に必要な成分とは?
    頭皮の痒みやフケの原因は炎症、炎症が起きる原因と改善方法とは!? 頭皮の痒みが止まらない、フケ…
  4. 「二の腕のブツブツ」原因と治す方法。これから温かくなり二の腕を出す前に、ブツブツを治しておきたいと言う人は必見。「さめ肌」=「毛孔性苔癬」「毛孔性角化症」は美の大敵
    これから薄着の時期に備え「二の腕のブツブツ」の原因とは? 春になり温かい日も増え、これから薄着…
  5. 花粉症対策まとめ(予防対策グッズ)花粉症は花粉症の症状だけではなく、他のアレルギー症状を引き起こす原因にもなるので、出来る限りの予防を行うことと、発症した人は悪化しない様にする事が大切です。
    花粉症対策まとめ(予防) 花粉症は花粉症の症状だけではなく、他のアレルギー症状を引き起こす原因…
  6. 手汗を止める方法、手汗専用制汗剤使用がおススメ!ワキ用制汗剤は効果無し。手汗には「エクリン線」に作用する手汗専用の制汗剤が必要。手汗を根本から改善するには自律神経の乱れを改善すべき。
    手汗が気になる、ヤバイ これから暑くなる季節、手汗が気になるという人は多いのではないでしょうか…
  7. 「ワキガ対策」ワキの匂いが気になる人向け体臭を消す方法。これから暑くなる時期、汗と共に気になる体臭、ワキは特に匂いがキツイ部分なので、きちんと消臭しよう。サラサラ乾燥させるのはNG、実は保湿が重要という事実…
    「ワキガ対策」ワキの匂いが気になる人向け体臭を消す方法 これから暑くなる時期、汗と共に気になる…
  8. 快眠、熟睡、質の良い眠りをする為のポイント。眠る理由と適正な睡眠時間なども紹介。不眠症、睡眠障害、眠りが浅い、寝付きが悪い人などは、ぜひ参考にして下さい。
    快眠、熟睡、質の良い眠りをする為のポイント 現代人の半数は何らかの睡眠障害を持っているといわれ…
  9. 自宅で簡単に脇の黒ずみを白く綺麗にする方法。黒ずんで汚い印象の脇にお悩みの方は必見!原因と正しいケア方法を知って、綺麗な脇になりましょう。
    自宅で簡単に脇の黒ずみを白く綺麗にする方法 脇の黒ずみで悩んでいる女性は結構多い。若い頃からの…

お問い合わせ

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文 (必須)

おすすめ記事

  1. トマトは尿酸値を下げず逆に上げ、痛風の引き金になる!最新の調査結果で、トマトと尿酸値の関係は魚介類、肉類、アルコール、砂糖が入ったドリンク等と同等、食品では4番目に痛風の引き金となる事が判明。
    トマトは尿酸値を下げず逆に上げ、痛風の引き金になる! 痛風に効果があるとされ、名医から怪しげな…
  2. 母乳が出ない!原因と対策、改善方法を紹介。出ないからミルクで良いと思っていたら子供の病気リスクは増加します。ぜひ、改善方法を試して、母乳育児にチャレンジしてみましょう。
    母乳が出ない!原因と対策、改善方法を紹介 母乳で育てたいけど全く出ないので悩んでいる…、混合か…
  3. 子宮頸癌の見逃すべきじゃない10の兆候
    子宮頸癌の見逃すべきじゃない10の兆候 子宮頸癌は子宮頸部と呼ばれる子宮の出口より発生する癌。…
  4. ハーブティー
    素肌美人になりたいならカフェインはできるだけ控える 肌のことを考えるならコーヒーは1日1杯まで…
  5. 不眠症の種類、貴方の不眠症のタイプはどれ?
    貴方の不眠症のタイプはどれ? 不眠症と単に言っても、1つのタイプだけじゃなくて大きく分けて3タ…
  6. 昼間急に異常な眠気に襲われる原因は!?昼間異常に眠くなるのは睡眠不足、ただの疲れと思い込んではいけない!病気や脳の異変で起こっている場合がある。体がだるく不快感があったり、力が抜ける等の症状がある場合注意が必要だ。
    昼間急に異常な眠気に襲われる原因は!? NHK「チョイス@病気になったとき」で特集された昼間の…
  7. 日焼けしてしまったダメージ肌をケアする3つの成分をご紹介。紫外線が多く降り注ぐ時期には、ぜひダメージ軽減の為にも知っておきたい成分です。
    日焼けしてしまったダメージ肌をケアする3つの成分 紫外線の多い時期、美白ケア、紫外線ケアを頑張…
  8. 癌予防の為の簡単な8つの方法!世界がん研究基金(WCRF)によると、この方法によって、一般的13種類の癌の内、約3分の1でリスクを減らす事が出来たとしている。
    癌予防の為の簡単な8つの方法! 癌予防の為の簡単な8つの方法!癌のリスクを減らす為、ぜひ実践し…
  9. ニキビに良い効果がある食事・食材・成分
    ニキビに良い効果がある食事・食材 ニキビ予防に限らず健康や美容の為には、バランスの良い食事を適…
  10. ニキビが出来る食べ物・食材・成分
    ニキビが出来やすい食べ物・食材・成分 ●炭水化物 お米や小麦、芋など主食になる物に多く含…
ページ上部へ戻る